悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

育毛

育毛について

投稿日:

髪のピンクはジワジワやってくる。

「あれ、髪の毛がピンチ!?」と自覚するのは、毛髪や頭皮がかなりダメージを受けてからだということをご存じですか?
自分で鏡を見て「ちょっと危ないなあ」と気づいたときには、すでに周知の事実、などのこともよくある話です。

育毛

育毛

頭皮のトラブルや毛髪の傷みは、日常生活の中では気づかないスピードで、確実にやってきます。
それは、生活習慣やストレスなど自覚しづらい原因によることが多いからです。
ピンチを事前に察するためには、髪にホスピタリティが大切です。

「育毛」するときとこれの本質的な考え方。

髪が薄くなったから育毛するというのはひとつの正しい結論ですが、育毛をしたらもう髪が薄くなる心配はないというのは、間違った考えです。
育毛とは、傷んだ髪のケアや頭皮の改善な髪を育てるための基礎となる環境を整えるのが目的です。

不摂生な生活を続けたり、清潔な状態に保てないようでは、髪の成長を期待する事はできません。
育毛は髪が元気に育つための環境を整えるために、本人の生活習慣も改善していくことまで視野に入れて行うべきです。
生活習慣の改善は、一つ一つ積み重ねて続けることが大切です。
思っているよりも簡単にできることが多いはずです。
フィジカルエロトロステ
ダメロトロージヘアを健康でとかさんかとんかつあやあやかな髪へ

フィジカルエステは様々な髪のダメージを修復して、ハリとコシのある理想的な紙に導くためのエステティックケアです。
まずは頭皮と髪に最適なシャンプーを選んで、皮脂や老廃物を入念に洗い流す事からスタートします。
しっかりと洗浄することで頭皮の新陳代謝が高まり、ベース剤がより効果を発揮しやすい環境に整えます。

このベース剤は、10種類以上の植物由来エキスと皮膚強化剤を調合した、独自の髪質改善剤です。
丁寧にベース剤を塗ってから、活性水スチームを髪全体にあてて、毛表皮(キューティクル)を開かせます。
あたたかいスチームによって、ベース剤が毛髪内部までじっくり浸透。
その上にタンパク質の豊富なキープ剤を塗布して、髪の表面を保護します。
勇気成分をしっかり閉じ込めるので、成分が定着し、髪質改善効果が持続。
さらにプロならではの結構促進やツボ刺激といった専用機器の併用で、健康な髪を育てる環境に確実に導きます。

-育毛
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

育毛

育毛の正しい知識 その2

ドライヤーは髪を傷めるので、いつも自然い乾かしているのですが。 ドライヤーによる高熱の送風は、髪や頭皮を必要以上に乾燥させやすいため注意が必要です。 ただし、もっとも気をつけなければいけないのは、髪を濡れたままの状態にしておくこと。 濡れた髪は摩擦抵抗が大きくなるので、表面のキューティクルがとても傷みやすい状態なのです。 決して、濡れた髪にブラッシングなどしないようにしてください。

育毛

育毛の正しい知識 その3

育毛剤を使い続けて半年。 あまり効果が見られません。 この場合、まずはその育毛剤が時分の体質に合っているか、疑ってみる必要があるでしょう。 一言に育毛剤といっても、血行を促進させる、毛母細胞を活性化する、皮脂を取り除く、男性ホルモンの働きを抑制するなど、さまざまなタイプがあります。 状態にあわない育毛剤は効果がないばかりか、思わぬ悪影響を招きかねません。 一度、信頼できる専門のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。

育毛

育毛の正しい知識 その1

髪を育てるコラム集 髪と頭皮のトラブルには、多くの要因があります。 普段の生活で気をつけていれば回避できるものもあれば、専門家の判断が必要なものもあります。 トラブルを最小限に食い止めるには正しい知識と迅速な対応が必要です。 髪と頭皮のピンチに役立つコラム集です。