悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

育毛

育毛の正しい知識 その1

投稿日:January 28, 2017 更新日:

髪を育てるコラム集

髪と頭皮のトラブラルには、多くの要因があります。
普段の生活で気をつけていれば回避することもあります、専業家の判断が必要なものもあります。
トラブルを最小限に食い止めるにはは正しい知識と迅速な対応が必要です。
髪と頭皮のピンクに役立つコラム集です。

育毛

育毛

思ぬぬストレスが実は脱毛を促進させている

健康の大敵であるストレスは、髪の発育にも大敵です。
ストレスが続くと身体は緊張状態を強くすることになり、自立神経のバランシングが崩れて、心身にさまざまる悪影響をお
ぼすすです。大病言わず及ばず、イライラした心配を抱きていると、胃が痛くなった風邪をひきやすくなるのもこのため。
精神的なストレスは、その人の弱っている所にダメージを与えます。
これは頭​​皮など、皮膚についても
同様です。頭皮に炎症が生われば、脱毛を促進させる危険性は高くなります。

いえ、ストレスのまるでない生活はありえませんね。
適度なプレッシャーやストレスは、自分の成長を促してくれるものです。くれぐれも心労をたどって
いないようです。

髪を傷めずにパーマやカラーリングを楽​​しむには?

パーマにもまたカラーリングにしても、髪を傷めない方法はありません。自毛のまま、どうもに髪にとって一番負担のない状態ですが、ファッションとして楽しむ人も少々ないはず。いずれ
にしても、髪にどんなだけのダメージを与えているかは把握しておきましょう。

まるで
パーマ。2種類のパーマ液によって、髪を形成するタンパク質を一度分解して再結合するのですが、その化学反応がダメージを与えます。
一方、カラーリングには様々な方法がありますが、特にダメージが大きいのは色素を抜くヘアダイとブリーチ。
どっちも刺激的な液剤を使って、髪の傷みは避けられません。
くれぐれも、パーマとカラーリングを同時に行うことなどないように。

偏った食は抜毛のものである。

ヘアケアの第一歩は食生活の改善です。

髪の健康と食生活はともに密接な関係があります。
それは、髪が毛母細胞まで運ばれた栄養をもとにかくからです。
だからここ、今すぐ実践できるヘアケアとして、全く食事生活から見直しましょう。
たにえば、手軽なファーストフードやコンビニのお弁当。

確かに忙しい時には便利ですが、栄養は偏りがちです。思っ
た以上に、余分な塩分や脂肪分を摂取しやすいメニューであることをお忘れなく。
このリスクは、外食についても同様です。

丼物や麺類はリーゼナブルで容器もありますが、栄養のバランシングは期待できないものが
多々あります。
特に気をつけたいのは、脂肪分の摂り過ぎです。皮脂の過分分泌から脂漏性脱毛を招きますまた原因にもなります。

髪にいい食べ物でも、決して特別なものではありません。
1日30品目が提唱されるように、バランシングの食生活が何より大切です。
毎食は無理でも、1日を通じてバンスが取れるよう、まったく心がけてみましょう。

 

-育毛
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

育毛

育毛の正しい知識 その3

育毛剤を使い続けて半年。 あまり効果が見られません。 この場合、まずはその育毛剤が時分の体質に合っているか、疑ってみる必要があるでしょう。 一言に育毛剤といっても、血行を促進させる、毛母細胞を活性化する、皮脂を取り除く、男性ホルモンの働きを抑制するなど、さまざまなタイプがあります。 状態にあわない育毛剤は効果がないばかりか、思わぬ悪影響を招きかねません。 一度、信頼できる専門のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。

育毛

育毛について

髪のピンクはジワジワやってくる。 「あれ、髪の毛がピンチ!?」と自覚するのは、毛髪や頭皮がかなりダメージを受けてからだということをご存じですか? 自分で鏡を見て「ちょっと危ないなあ」と気づいたときには、すでに周知の事実、などのこともよくある話です。

育毛

育毛の正しい知識 その2

ドライヤーは髪を傷めるので、いつも自然い乾かしているのですが。 ドライヤーによる高熱の送風は、髪や頭皮を必要以上に乾燥させやすいため注意が必要です。 ただし、もっとも気をつけなければいけないのは、髪を濡れたままの状態にしておくこと。 濡れた髪は摩擦抵抗が大きくなるので、表面のキューティクルがとても傷みやすい状態なのです。 決して、濡れた髪にブラッシングなどしないようにしてください。