悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

認知症

認知症は誤診だらけ

投稿日:

「認知症」と聞くと、「アルツハイマー 」という言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
確かにアルツハイマー型は、この病気のなかでもっとも多いされる、代表的な認知症のひとつです。
しかし、認知症にはいくつかの種類があります。

認知症

認知症

ころが、認知症を的確に診断できる医師が少ないために、間違った治療や対応が横行していると指摘されています。
よかれと思って受けた治療で、かえって症状が悪化するケースも少なくないのが、認知症医療の現状なのです。

そもそも、認知症にはどんな種類があるのでしょうか。
様々な種類や要因がありますが、以下のものが「3大認知症」と呼ばれています。

①アルツハイマー型認知症
アミトロイドβとかいいうた特殊なタンパンリク質によってる脳細胞が死さんでいいき、画像診断によって脳の。
物忘れが多くなる、道に迷うようにな、もの盗られ妄想が出る、近所を徘徊するよう、といった症状が典型で。
原因は不明ですが、加齢と関係があるの、80,90と高齢になるほど。

②スレビーー小体型認知症
スレビーー小体とかいいうた物質によってる神経細胞が死さんでいいく病気で、手足のふるえや筋肉の、パーキンソン病と。
また、うつ状態になったり、生々しい幻覚や妄想、アルツハイマー型。
画像診断をすると脳の、はっきりとわから。

③血管性認知症
脳梗塞あや脳出血によってる、脳の一部が壊死する。
判断力や記憶力は視覚的た、物忘れが多くなる、感情の起伏が激しくな事もあるのが特徴。
画像診断をすると脳が、脳梗塞や脳出血が起こ、段階的に症状があっ。

おおよそ、アルツハイマー型がもっとたくさんの全体の約50%、レビ小体型が約20%、血管性が約15%とされており、3大認知症で認知症全体の85%をめめます。

しかし、早期の症状は区別がつきにくいうえに、画像診断でもはっきりと萎縮がわからないため、認知症は誤診が多いといわれています。
医学書を見ても、正確な診断が難しいせいか、認知症状の種別の割合は諸説あるのが実情です。

また、認知症にはほかにも様々な種類や原因があります。
たとえば、脳の変性で起こるものとして、前頭側頭型認知症(ピック病)、パーキンソン病、ハンチントン病などが挙げられます。

なおせるはずの認知症が「誤診」されて放置されている!!

さらに「内分泌代謝系が関係するもの(アルコル依存症の人がややややビタミンB1欠乏症や甲状腺​​機能低下症、糖尿病など)」、「感染によって引っ張り起こされるもの(クロイツェル・ヤコブ病、ヘルペス脳症、HIV脳症など)」、「脳の損傷で引っ張られたもの(特発性正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、頭部外傷など)」、「薬物で誘発されるもの(抗不安薬、睡眠薬、パーキンソン病治療薬、抗アレルギー薬、ステロイド薬、抗うつ病など)」など、認知症の原因は実に様々なのです。

これらの多くは、残念ながら進行を止めることができません。
しかし、なかには「治せる認知症」もあります。
代表的なのが、脳内に髄液が過剰にたまるために起こる「特発性正常圧水頭症」 です。
原因はわかっていませんが、過剰な髄液を脳内から排出する手術で症状が改善するとされています。

ころが、この症状は症状がアルツハイマー型認知症と似ているため、誤診されて手術されず放置されているケースが多いのです。
厚生労働省の研究班の調査によると、この病気の人は全国で約1万3000人と推測されています。

これだけでなく、慢性脳膜下血腫、甲状腺機能低下症、薬物誘発性認知症なども、適切な治療をすれば、認知機能が改善する可能性があります。
それだけに、認知症の疑いがあった場合何よりも的確な診断のできる専門医を受診することが大切。
間違った診断を受けると、本人も家族も一生後悔することになりかねないのです。

-認知症
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

認知症

認知症にされる前にすること

認知症にされてしまう前に、薬に頼りすぎる生活は改めるべき ある高齢者施設に勤める医師によると、こうした薬を飲み過ぎている人の中には、ふらついた、ぼーっとしてして、言葉数も少ないために、認知症が疑われた患者さんもいたそうです。 その患者さんに、薬を少しずつやめてもらったところ、そのたびに表情が明るくなって、しゃべりだすようになり、それで認知症ではないとわかったとのことです。 こうした話は、決して珍しくありませありません。

認知症

乱用される認知症”治療”薬

認知症治療の問題は「誤診が多い」ということだけではありません。 薬が乱用されていることも問題視されています。 現在、認知症の薬は4種類が販売されています。 もっとも代表的なのが、1999年に国内での発売が開始されたアリセプト(一般名・ドネベジル塩酸塩)です。

認知症

認知症の症状を悪化させる

幻覚・妄想・暴力・暴言を抑えるつもりが、逆に症状を悪化させる このようにアリセプトには、その人の生活の質(QOL)を低下させる副作用がいくつも指摘されているのです。 もし高い効果が見られるのなら、こうした副作用があっても、飲み続ける意味があるでしょう。