悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

グルメ

絶品のカニ料理の味わい方

投稿日:

冬の美味しい贅沢食材と言えばやはり蟹。

蟹と一言でいってもいろいろな美味しい食べ方があります。

今日はそれらの中で最も人気のある、そしてなかなか普通の鍋料理店では食べられない旬の蟹料理をご紹介します。

品質のよい生のおいしい蟹をを用いたカニ料理をいただきたいと思うなら、蟹専門の料亭に足を運んでみましょう。

クリスマスや正月を控え混雑する可能性が高いので、できるだけ早めに予約してから行くとよいでしょう。

まず、なかなかお目にかかれないのが雌のズワイガニ。

特に11月から1月初旬にかけて取れるズワイガニの雌はたまごを抱えており、その味は珍味ともいえるほど蟹通には決して見逃せないカニです。

卵には内子と外子と呼ばれる2種類の卵があり、それらに蟹味噌を合わせて混ぜ合わせます。

そして足の身をそれにつけて食べると、それはまさに天にも上ったような蟹の醍醐味を味わうことができます。

通常の蟹のお店ではなかなか手に入らないので、そういうメニューのある料亭をみつけることができれば、その蟹料亭は本当に蟹に目利きのある料理人がいる証拠とも言えます。

次に、蟹の足の生身を氷水に5分ほどつけてまるで花が咲いたようにみえる「かにの花」。

これは主に雄のズワイガニ、特に足にたっぷりと身をつけた太目の足を選んでさっと殻をさき、その身を氷水につけて食べると刺身とはまた違って少し歯ごたえのある食感を楽しむことができます。

この食べ方は冷凍の蟹を解凍したものではできません。

必ず生の新鮮な蟹を使うことで味わえるズワイガニ独特のおいしい食べ方です。

また、蟹といえばやはり蟹味噌。

大き目のズワイガニの甲羅の中をくりぬき、その中に蟹味噌と身を一緒にいれ、それに日本酒を加えて加熱します。

するとズワイガニの蟹味噌独特の風味と日本酒が見事に調和し、寒い体を一気に温めてくれ、まさに「蟹を食べた」感が増します。

これも新鮮な生の蟹ならではの食べ方です。

冷凍の蟹にも味噌はありますが、その風味は生のものには決して勝ことができません。

そして最後によく耳にする焼きガニ。

これも蟹を食べに行って決して見逃せない食べ方のひとつ。

太く身のぎっしり詰まった蟹の足は食べ応え十分です。

また最後に蟹雑炊も逃したくないもの。

蟹鍋をした後の出汁にたっぷりと蟹の旨味が凝縮され、それを使って作った雑炊はカニ料理の締めくくりに最適です。

この冬、ちょっと贅沢な蟹料理を食べてみたいと思っておられる方には是非、東京や大阪など都会にある蟹専門の料亭に足を運んでみてはいかがでしょう。

満足すること請け合いです。

かに通販送料無料

-グルメ

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

忘れようのないクリスマスケーキのプレゼント

むなしいクリスマス。 バイトです。 貧乏大学生に休みはありません。

クリスマスケーキ✨

クリスマスっていう、誕生日以外でホールケーキが食べられる素敵な日! 毎年彼に、クリスマスケーキを作ってるよ〜p(^_^)q

おせちの記憶

私の家は、両親ともに兄弟姉妹が多くて、お正月ともなると女性軍は暮から料理に励んだものです。

子供から大人に至るまでのおせちの思い出

「おせち」と言うと、小さな頃、おばあちゃんの家でお正月に食べた手作りのおせち料理がまず浮かびますが、 当時はまだ小さかったため、その料理ひとつひとつに意味があることはもちろん知りませんでしたし、おせちの味も、子供の私には、あまり美味しいと思えるものではありませんでした。

以前に身近な店で蟹に出会った体験談

この世界には食べ物が豊富にあって自由に選択できます。 私は好きな食べ物なら直にでも集めたい気持ちがあります。