悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

認知症

認知症の症状を悪化させる

投稿日:

幻覚・妄想・暴力・暴言を抑えるつもりが、逆に症状を悪化させる
このようにアリセプトには、その人の生活の質(QOL)を低下させる副作用がいくつも指摘されているのです。

もし高い効果が見られるのなら、こうした副作用があっても、飲み続ける意味があるでしょう。

認知症

認知症

しかし、効果が実感できないのに、過度に期待して飲み続けるのは危険です。
実際にはほとんど効果が見込めない、病状が進行した重度の認知症の患者にまで、漠然とアリセプトが処方され続けているケースも少なくないといいます。

さらには、幻覚・妄想や暴力・暴言など、介護者が負担となる周辺症状(BPSD)を抑えるために、抗不安薬、抗精神薬、抗うつ薬、睡眠薬など、様々な薬が投与されるケースがあります。

しかし、その結果、意識レベルが低下して、かえって周辺状況が悪化するケースも多いと指摘されています。
それだけでなく、筋肉の緊張で転倒しやすくなり、それがきっかけで寝たきりになる事もあるのです。

認知症を改善するために受けた治療で、症状が悪くなるということが、実際にあるわけです。
残された時間を大切に過ごすためにも、安易に薬に頼らないことが肝心だといえるでしょう。

多剤併用で認知症にされるお年寄り

認知症とは関係のない薬で、認知症のような症状(認知機能の低下)が引き起こされることもあります。
これを、薬剤誘発性の認知障害といいます。

認知障害を引き起こす危険性の高い薬として知られているのが、フェノチアジン系の抗精神病薬、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、三環系の抗不安薬など、精神科で良く使われる薬です。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、高齢者にも睡眠導入剤として使われることがあります。
しかし、この薬は、高齢者に長期に投与すると認知障害どころか、認知症自体のリスクを高めるという研究結果が報告されていますので、要注意です。

また、パーキンソン病治療薬、抗アレルギー薬、過活動性膀胱治療薬、抗潰瘍薬、ステロイド薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬などでも、認知障害を引き起こすことが知られています。
こうした薬を使っていると、認知機能が低下するだけでなく、夜間にせん妄(意識が混濁して興奮状態になること)を起こしたり、転倒して骨折したりする危険性があります。
ですから、これらの薬を処方された高齢者は、特に注意深く見守る必要があります。
そもそも高齢者は、特定の薬でなくても、薬を沢山飲むことで、認知機能の低下を起こしやすいのです。
薬をたくさん飲むことを「多剤併用」といいますが、高齢者は病気が増えるので、それに応じて飲む薬の量が多くなります。

しかし、薬は量が増えるほど相互作用を引き起こして、副作用を起こしやすくなります。
東大病院などの研究によると、薬は6剤以上になると、一気に副作用の頻度が高くなることがわかっています。

さらに高齢者は、肝機能や腎機能が落ちて、薬の成分が血中から排出されにくいので、効果や副作用が強く出やすいのです。
このため、中年のころからずっと飲んできた薬が原因で、高齢になって認知機能の障害がでることもあるのです。

たとえば、よく指摘されるのが、高血圧薬(降圧薬)や糖尿病薬(降血糖薬)です。
中高年のころは適度にコントロールできた量でも、高齢になって効果が強く出るようになり、血圧や血糖値が下がりすぎてしまうのです。

-認知症
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

認知症

認知症は誤診だらけ

「認知症」と聞くと、「アルツハイマー 」という言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 確かにアルツハイマー型は、この病気のなかでもっとも多いされる、代表的な認知症のひとつです。 しかし、認知症にはいくつかの種類があります。

認知症

乱用される認知症”治療”薬

認知症治療の問題は「誤診が多い」ということだけではありません。 薬が乱用されていることも問題視されています。 現在、認知症の薬は4種類が販売されています。 もっとも代表的なのが、1999年に国内での発売が開始されたアリセプト(一般名・ドネベジル塩酸塩)です。

認知症

認知症にされる前にすること

認知症にされてしまう前に、薬に頼りすぎる生活は改めるべき ある高齢者施設に勤める医師によると、こうした薬を飲み過ぎている人の中には、ふらついた、ぼーっとしてして、言葉数も少ないために、認知症が疑われた患者さんもいたそうです。 その患者さんに、薬を少しずつやめてもらったところ、そのたびに表情が明るくなって、しゃべりだすようになり、それで認知症ではないとわかったとのことです。 こうした話は、決して珍しくありませありません。