悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

脊柱管狭窄症

2017/06/11   -健康

症状に気づいてから原因がわかるまで、結果的に2年ほど要した。 はじめは、左足の付け根部分の痛みに気づいた。どんな体勢をしていても痛い。 でも歩いたり走ったりしている時は痛くない。

季節の変わり目のニキビ

2017/06/03   -美容

今頃の時期は季節の変わり目で気温差によりより肌荒れやニキビができやすいようになります。 原因は「気温差」で、気温差は体にかなりのダメージを与えます。

前立腺癌とPSA検査数値

2017/06/02   -健康

私は、現在68歳の男性です。 まだ会社に勤務していた62歳の誕生日の人間ドックの結果、それまでそれはPSA検査数が1.5だったの3.0まで上がったので、大きな病院での前立腺癌の検査をお勧めしました。 それから、かれこれ6年になります。

尿道結石は食事療法では治りませんでした!

2017/05/21   -健康

私は昔からよく膀胱炎で病院のお世話になっていたのですが、それも子供の頃の話で大人になってからは膀胱炎も滅多にかからなくなり安心していました。

フルーツ酸由来のピーリングで美肌にチェンジ!

2017/05/20   -美容

冬は乾燥、夏は皮脂よごれで肌は常にくたびれた状態が気になっています、鏡を見てガッカリとしてしまいましたが多かったです

高血圧は生活習慣の見直しで改善できます

2017/02/16   -健康

生活習慣病の高血圧の患者数は、4000万人以上と言われています。 ですから日本人の3人に1人が高血圧ということになります。 その中で治療を行っている人は、約1/4の1000万人程度です。 治療をしていない人の中には軽度の高血圧の人もいれば、重症でも症状がないので放置している人もいます。

認知症

認知症にされる前にすること

2017/01/28   -認知症
 

認知症にされてしまう前に、薬に頼りすぎる生活は改めるべき ある高齢者施設に勤める医師によると、こうした薬を飲み過ぎている人の中には、ふらついた、ぼーっとしてして、言葉数も少ないために、認知症が疑われた患者さんもいたそうです。 その患者さんに、薬を少しずつやめてもらったところ、そのたびに表情が明るくなって、しゃべりだすようになり、それで認知症ではないとわかったとのことです。 こうした話は、決して珍しくありませありません。

認知症

認知症の症状を悪化させる

2017/01/28   -認知症
 

幻覚・妄想・暴力・暴言を抑えるつもりが、逆に症状を悪化させる このようにアリセプトには、その人の生活の質(QOL)を低下させる副作用がいくつも指摘されているのです。 もし高い効果が見られるのなら、こうした副作用があっても、飲み続ける意味があるでしょう。

認知症

乱用される認知症”治療”薬

2017/01/28   -認知症
 

認知症治療の問題は「誤診が多い」ということだけではありません。 薬が乱用されていることも問題視されています。 現在、認知症の薬は4種類が販売されています。 もっとも代表的なのが、1999年に国内での発売が開始されたアリセプト(一般名・ドネベジル塩酸塩)です。

認知症

認知症は誤診だらけ

2017/01/28   -認知症
 

「認知症」と聞くと、「アルツハイマー 」という言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 確かにアルツハイマー型は、この病気のなかでもっとも多いされる、代表的な認知症のひとつです。 しかし、認知症にはいくつかの種類があります。