悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

高血圧は生活習慣の見直しで改善できます

2017/02/16   -健康

生活習慣病の高血圧の患者数は、4000万人以上と言われています。 ですから日本人の3人に1人が高血圧ということになります。 その中で治療を行っている人は、約1/4の1000万人程度です。 治療をしていない人の中には軽度の高血圧の人もいれば、重症でも症状がないので放置している人もいます。

認知症

認知症にされる前にすること

2017/01/28   -認知症
 

認知症にされてしまう前に、薬に頼りすぎる生活は改めるべき ある高齢者施設に勤める医師によると、こうした薬を飲み過ぎている人の中には、ふらついた、ぼーっとしてして、言葉数も少ないために、認知症が疑われた患者さんもいたそうです。 その患者さんに、薬を少しずつやめてもらったところ、そのたびに表情が明るくなって、しゃべりだすようになり、それで認知症ではないとわかったとのことです。 こうした話は、決して珍しくありませありません。

認知症

認知症の症状を悪化させる

2017/01/28   -認知症
 

幻覚・妄想・暴力・暴言を抑えるつもりが、逆に症状を悪化させる このようにアリセプトには、その人の生活の質(QOL)を低下させる副作用がいくつも指摘されているのです。 もし高い効果が見られるのなら、こうした副作用があっても、飲み続ける意味があるでしょう。

認知症

乱用される認知症”治療”薬

2017/01/28   -認知症
 

認知症治療の問題は「誤診が多い」ということだけではありません。 薬が乱用されていることも問題視されています。 現在、認知症の薬は4種類が販売されています。 もっとも代表的なのが、1999年に国内での発売が開始されたアリセプト(一般名・ドネベジル塩酸塩)です。

認知症

認知症は誤診だらけ

2017/01/28   -認知症
 

「認知症」と聞くと、「アルツハイマー 」という言葉を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 確かにアルツハイマー型は、この病気のなかでもっとも多いされる、代表的な認知症のひとつです。 しかし、認知症にはいくつかの種類があります。

お花見弁当

糖尿病患者のお花見弁当

2017/01/28   -糖尿病
 

1日の目安量を守りましょう 1食で食べる量は1日の指示エネルギー量の3分の1程度とし、食べ過ぎないようにしましょう。 たくさん並べられた料理を少しづつ取りながら食べていると、自分がどれだけ食べたかわからあなたが食べる量をあらすじ取り分けて、量を決めて食べましょう。

コレステロール

コレステロールを抑える治療法:糖尿病

2017/01/28   -糖尿病
 

糖尿病の人が、コレステロールの値が上がってきた場合は、薬物療法が必要になってくるケースもあります。 糖尿病患者の人がコレステロール値が「上がってきた場合、なぜ治療が必要かを説明します。

育毛

育毛の正しい知識 その3

2017/01/28   -育毛
 

育毛剤を使い続けて半年。 あまり効果が見られません。 この場合、まずはその育毛剤が時分の体質に合っているか、疑ってみる必要があるでしょう。 一言に育毛剤といっても、血行を促進させる、毛母細胞を活性化する、皮脂を取り除く、男性ホルモンの働きを抑制するなど、さまざまなタイプがあります。 状態にあわない育毛剤は効果がないばかりか、思わぬ悪影響を招きかねません。 一度、信頼できる専門のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。

育毛

育毛の正しい知識 その2

2017/01/28   -育毛
 

ドライヤーは髪を傷めるので、いつも自然い乾かしているのですが。 ドライヤーによる高熱の送風は、髪や頭皮を必要以上に乾燥させやすいため注意が必要です。 ただし、もっとも気をつけなければいけないのは、髪を濡れたままの状態にしておくこと。 濡れた髪は摩擦抵抗が大きくなるので、表面のキューティクルがとても傷みやすい状態なのです。 決して、濡れた髪にブラッシングなどしないようにしてください。

育毛

育毛の正しい知識 その1

2017/01/28   -育毛
 

髪を育てるコラム集 髪と頭皮のトラブルには、多くの要因があります。 普段の生活で気をつけていれば回避できるものもあれば、専門家の判断が必要なものもあります。 トラブルを最小限に食い止めるには正しい知識と迅速な対応が必要です。 髪と頭皮のピンチに役立つコラム集です。