悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

楽器

二胡との出会い

投稿日:

私が二胡を知ったのは、14歳の時、女子十二楽坊をテレビで見た時でした。

当時は『きれいな音色だな』くらいにしか思っていませんでした。

高校でギター部に所属したとき、『みんなと同じことができるなんてつまらない』と思うようになりました。

22歳の時にYouTubeを見ていると、関連動画で二胡の動画が出てきて、久しぶりに聞いてみると、とても心が癒されました。

『自分が二胡を弾けるようになったらかっこいい、みんなと違うことができる!』と思い二胡を習える教室を探しましたが、個人経営の教室が多く、ちょっと怖いなと思い、なかなか踏み出せずにいました。

粘り強く探していると、自宅から2駅隣の駅前のカワイ音楽教室で、二胡を対象に教えている教室を見つけました。

これは申し込むしかない!と思い、すぐに無料体験教室に申し込みました。

初日はどんな先生なのかわからずドキドキしながら教室に入りましたが、優しそうな男の先生でほっとしました。

二胡は弦が2本でできていることは知っていましたが、弓が弦と弦の間に挟まっていることを知りとても驚きました。

弓を少し引いたり押したりするとテレビやYouTubeで聞いた音色が聞こえて、とても感動しました。

すぐに申し込みをして、2週に1度のレッスンを受けることになりました。

ギターのようにおさえる場所の目印がないので、感覚をつかむのにとても苦労しました。

ドレミファソラシドを初めて弾けたときの喜びは今でも忘れられません。

ピアノを習っていたので、ピアノの楽譜はよめましたが、二胡の楽譜は数字なのでなかなか覚えることができず、楽譜をよめるようになるまで時間がかかりました。

最初は音が出るだけでも楽しかったのですが、曲を弾くようになるとテレビやYouTubeで聞いたようなきれいな透き通る音が出ず、練習が楽しくない時期もありました。

そんな時先生から、先生の師匠が出演する演奏会があるから聞きに来ないかと誘われ、見学することにしました。

自分が理想としている音を聞くことができ、もっと練習してうまくなりたいと思い、再び練習に打ち込めるようになりました。

子供のころのように毎日練習することはできませんが、仕事後の夜は弦をおさえる練習を、休みの日は昼間にたくさん弾く練習をするようになりました。

昨年の年末に教室が主催するクリスマスコンサートに出演し、今までの練習の成果を発表することができました。

今までは教室が所有している二胡を借りていましたが、先日お金をためて念願の二胡を買うことができました。

自分の二胡を手に入れることができ、一生大事にしようと思いました。

少しでも目標にしている先生や、先生の師匠、女子十二楽坊に近づけるように日々練習していきたいと思います。

サックス教材

-楽器

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

私の楽器遍歴

初めての習い事は幼稚園児だった4歳の頃です。 幼稚園で教えていたオルガン教室に通い、自宅でも練習しました。