悩み(美容・健康など)相談を解決します!

美容、健康など悩みの110番。何でも受け付けます。

健康

前立腺癌とPSA検査数値

投稿日:

私は、現在68歳の男性です。

まだ会社に勤務していた62歳の誕生日の人間ドックの結果、それまでそれはPSA検査数が1.5だったの3.0まで上がったので、大きな病院での前立腺癌の検査をお勧めしました。

それから、かれこれ6年になります。

それ以前にもその期間も排尿に異常を感じたことはありませんが、PSA検査の数値だけは崩れ、現在は8.0〜10.0の間で推移しています。

この6年間前立腺の組織を取り出せて行生体検を2回受けました。

1回目は10ヶ所、2回目は25ヶ所の組織を取り出したと思います。

それからMRI検査を1回受けました。

しかし、いずれの検査でも、癌細胞は発見されませんでした。

医師の話では、生検検査を2回やって見てからなれれば、3回目で見つかることはほんとんどないと話しました。

最近はMRI検査をやろうと話しています。

生検の後は尿に血が混じります。

もに戻るのに一週間間かかってしまった。

PSA検査の数値が前立腺癌にのみ反応する検査と聞いています。

しかし、私のようにPSA検査の数値が高いのに何の自覚症状もないとなると、多少深くなるのは当然であります。

本当にPSA検査が立って腺癌を有効に示せ数値のかどうかになります。

何か他の原因があるのではないかと考えています。

ある時の検査では医師に射精しないように言われたこともあります。

射精とどういう関係があるのか​​と考えています。

素人の考えですが、このPSA検査の数値は老化と何か関係があるのではないかと思います。

若い時には何でもなかったPSA数値が60歳をすぎてから高かったからです。

この辺の研究が為されているのかどうかは分かりません。

PSA数値の​​為に定期的に検査を受けることをやめようと思っています。

排尿に異常が出てからは遅いのも知れませんがあります。

老人になっても前立腺を必要とする人はあまりないと思います。

そうすると本当に前立腺癌に為って除去するだろばいい話です。

現在は医学の進歩は年々目覚めのものですが、それは実際の病気になった人の治療に集中しているのは当然のことであり、PSA検査数と前立腺癌との関係の研究にまで手がまわってているとは思えません。

現在何かの症状もない者としては、前立腺癌になるリスクがない以上、今後は自覚的に判断して必要を感じたら検査を受けてみて思います。

そうでなくても、老人になると他の病気になる確率は増えるので、たまには人間ドックのような総合的な検査も受ける、自分の全体の健康状態を知ることが必要だと思います。

父の日 松坂屋

-健康

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

脊柱管狭窄症

症状に気づいてから原因がわかるまで、結果的に2年ほど要した。 はじめは、左足の付け根部分の痛みに気づいた。どんな体勢をしていても痛い。 でも歩いたり走ったりしている時は痛くない。

高血圧は生活習慣の見直しで改善できます

生活習慣病の高血圧の患者数は、4000万人以上と言われています。 ですから日本人の3人に1人が高血圧ということになります。 その中で治療を行っている人は、約1/4の1000万人程度です。 治療をしていない人の中には軽度の高血圧の人もいれば、重症でも症状がないので放置している人もいます。

尿道結石は食事療法では治りませんでした!

私は昔からよく膀胱炎で病院のお世話になっていたのですが、それも子供の頃の話で大人になってからは膀胱炎も滅多にかからなくなり安心していました。